スポーツの日はいつ?体育の日は2019年が最後!2020年に名前を変える訳

行事関係

毎年10月の第2月曜日は体育の日です。

この体育の日、実は2019年が最後ってご存知でしたか?

2020年以降、体育の日はスポーツの日に名称が変わります。

また、2019年、2020年、2021年の祝日はこのようになります。

  • 2019年の体育の日は、10月14日(月)
  • 2020年のスポーツの日は、7月24日(金)
  • 2021年のスポーツの日は、10月11日(月)

2020年だけ、スポーツの日は夏に変更します。何故でしょう?

体育の日の由来と、スポーツの日に変わる理由をまとめました。

体育の日

元は10月10日

1966年(昭和41年)、10月10日は体育の日と制定されました。

10月10日が何の日かというと、2年前の1964年、東京オリンピックの開会式が行われた日。

アジア初開催のオリンピックを記念し、「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」という趣旨で制定されました。

東京オリンピックが10月に開催されたのは、夏季五輪としては異例の遅さでした。

真夏の猛暑をさけ、秋雨前線が去った10月の開催にしたためです。

確かに10月は爽やかな秋晴れの季節ですよね。

そう思うと、2020年の真夏の五輪開催は大丈夫なんでしょうか…?

世界の旗のイラスト

ハッピーマンデー

東京オリンピックの開会式に制定された体育の日。

2000年(平成12年)からは、ハッピーマンデー制度により、10月の第2月曜日となりました。

2019年、最後の体育の日は10月14日(月)です。

ハッピーマンデーは、土日+月も休んで3連休にして、休みをもっと楽しもう!という発想です。

まず2000年に、成人の日と体育の日が月曜日に変更。

さらに2003年に、海の日と敬老の日も月曜日に変更。

今では、ハッピーマンデーの祝日はこの4つです。

  • 成人の日(1月第2月曜日)
  • 海の日(7月の第3月曜日)
  • 敬老の日(9月第3月曜日)
  • 体育の日(10月第2月曜日)

2019年10月カレンダー

スポーツの日

2020年は7月24日(金)

初めてのスポーツの日は、2020年7月24日(金)です。

本来10月の祝日ですが、東京オリンピックの開会式に合わせて特別にこの日になります。

2020年は海の日も7月23日(木)に変更され、7月23日(木)~26日(日)が4連休!!

これは、2020年の東京オリンピックのための特例です。

通勤や通学の混雑を抑えることで、選手や関係者の移動に伴う交通規制や、観光客による混雑を緩和させるのが目的なんですね。

ちなみに、2021年の「山の日」は、閉会式翌日の8月10日(月)に移動。閉会式前後は3連休になります。

メダルイラスト

2021年は10月11日(月)

2020年、スポーツの日が7月に移動するのは、五輪のための1年限りの特例です。

2021年は今までの体育の日と同じ、10月の第2月曜日に戻ります。

2021年のスポーツの日は、10月11日(月)です。

体育からスポーツへ

第18回オリンピック競技大会を記念して制定された体育の日は、第32回オリンピック競技大会を機にスポーツの日になります。

意義は「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」こと。

体育の日の趣旨は「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう」でした。

スポーツの日では、スポーツを親しむから、楽しむに変わっています。

体育と言えば、学校の体育の授業が思い浮かびます。楽しむというよりも教育的・指導的なイメージです。

スポーツの日に変更することで、教育的なイメージをなくし、純粋にスポーツを楽しむという趣旨に変わりました。

実は国民体育大会の名称も、2023年から「国民スポーツ大会」に改名。

略称も「国体」から「国スポ」に変更されます。

体育からスポーツへの変更は、時代の流れでしょうか。

でも慣れるまで、ちょっと違和感が残りそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました